• ホーム
  • グルコバイのダイエット効果と他のダイエット方法について

グルコバイのダイエット効果と他のダイエット方法について

2020年03月23日

肥満指数は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算出来ます。
肥満指数から標準体重を求めることができ、その計算式は「身長(m)×身長(m)×22」で算出出来ます。
この肥満指数が25以上の人は肥満、35以上になると高度肥満となり、肥満治療の対象になります。

肥満治療に使われている薬の一つに、グルコバイがあります。
グルコバイは糖尿病予防にも使われており、食後の血糖値の急上昇を抑えることが出来ます。

グルコバイを服用すると、炭水化物が腸で吸収出来る単糖類(ブドウ糖)になるのを防ぐことが出来ます。
二糖類から単糖類にするまでのα-グルコシダーゼという酵素が働かなくなるからです。
そのため、グルコバイはα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)と呼ばれることもあります。

グルコバイは100%糖質をカット出来るわけではありませんが、使うと血糖値の上昇が緩やかになるので、インスリンの放出が急に増えるのを抑えることが出来ます。
これにより、糖質制限やインスリンダイエットをした時と同じような効果を出すことが出来ます。

他のダイエット法では、体を温めて基礎代謝を上げることが出来る岩盤浴がおすすめです。
温まった岩の上に横になり、温めたい場所をピンポイントで温められます。
腰が冷えやすいならば腰、お腹が冷えやすいならばお腹、など自分の冷えやすい場所に対して使えます。

岩盤浴は自宅では出来ないので、岩盤浴のある施設を利用することが必要になります。
岩盤浴を行う時の注意点としては、5~10分間隔で休憩を取り、その時に必ず水分補給をするということです。
体重が気になるあまり水分補給を怠る人がいますが、脱水症状になる危険性があります。